アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

僕の決意と第二次大戦の生き残りとしてのエッシェンバッハ

いろいろと余裕がなくなって、更新を怠ることはや一ヶ月。
そんな自分が嫌いなので、少し余裕が出てくる12月中旬には絶対に再び書き始めようと決意しております。

ところでそんな忙しいなかで、いまからフィラデルフィア管弦楽団の演奏会に行ってきます。
今日はエッシェンバッハ指揮でシェーンベルクの『ワルシャワの生き残り』とブラームスの『ドイツ・レクイエム』。ああ、このプログラム、眺めているだけでいろいろなことに思いを馳せてしまう。

彼のHPで自身が語るように、エッシェンバッハもまた(立場こそシェーンベルクが描いた人々とは違え)第二次大戦の生き残りなのです。父親をナチスに殺され、ともに戦火を逃れてきた祖母と死に別れ、難民キャンプで腸チフスで孤独に死のうとしていた少年エッシェンバッハ。どのような思いで彼は『ワルシャワの生き残り』を指揮するのでしょうか。

そしてその後に『ドイツ・レクイエム』。

このオーケストラのプログラミングにはいつも感心させられてしまいますが、今回は特にそれだけでなんか胸がいっぱい。

というわけで行ってきます。
また感想をここで書けたらいいなと思っております。
[PR]
by ring_taro | 2004-12-05 07:15 | ひとりごと