アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

続 マゼールはすごい!すごすぎる!

ニューヨーク・フィルハーモニック演奏会 (Jan. 28, 05)
キメル・センター、ボライゾン・ホール

オネゲル: パシフィック231
ラフマニノフ: ピアノ協奏曲第一番
ラヴェル: ダフニスとクロエ

ロリン・マゼール: 指揮
スティーブン・ハフ: ピアノ
ウエストミンスター交響合唱団

この直前の記事と見比べて「あれ?コンサートの日付が同じじゃない?」と思ったそこのあなた。間違いではありません。
またやってしまいました。適当にいろいろな人とコンサートに行く約束をしてチケットを買っていたら、一日に二回コンサート。ダブル・ヘッダー。

だって同じホールで昼にフィラデルフィア管が演奏会やって、夜にニューヨーク・フィルがやるなんて思わないじゃない。思いますか?まあでも、贅沢な話ですよね。どちらもすばらしい演奏会でしたし。うん、贅沢な話だ。

というわけで、ニューヨーク・フィル、フィラデルフィアに来たる!

基本的な感想は前に書いたものとほとんど変わりません。

あいつら絶対、前半のプログラムは手を抜いてるよ!
9月に聴いたときもそうだったけど、前中を聴いているときは「うまいし、いい音だなー」程度しか思わないのです。メンバーもちょっと落としている感があるし。

休憩後、ついにホルンにフィリップ・マイヤーズ登場!でけーなーマイヤーズ。そして、うめーなー。何たる存在感(視覚的にも聴覚的にも)。

「ダフニスとクロエ」は明らかにオケの集中力が違いました。マゼールのほんの少しの指の動きだけで一気にオーケストラの色彩が変わるのです。クライマックスの部分、オケがブワーっと音量を上げると四階席に座っていた自分が風圧で吹っ飛ばされそうになりました。本当に吹っ飛ばされそうになったんですよ。

このニューヨーク・フィルの色彩の豊かさはフィラデルフィア管にはまったくないものです。フィラデルフィア管はまあ言ってしまえば、一色しか色のないオーケストラです。(しかしそれは飛びきり美しい色なのですが。)ニューヨーク・フィルはさっきまでモノクロだった色を、一気にギラッとした金色に変えてしまう凄みがあります。

しかし僕はマゼールに完全にまいってしまいました。
今「現役最高の指揮者は誰だと思う?」と聴かれたら、迷わず「マゼール!」って答えそうですもん。
[PR]
by ring_taro | 2005-02-27 06:53 | クラシックの演奏会