アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あー、叱りとばしてぇー

メトロポリタン・オペラ公演 (Feb. 17, 05)
メトロポリタン・オペラハウス

プッチーニ: トゥーランドット

ベルトラン・ド・ビリー: 指揮

アンドレア・グルーバー: トゥーランドット
クラッシミル・ストヤノヴァ: リュー
ヨハン・ボータ: カラフ
(その他のキャストは省略)

ニューヨークに行く用事があったので、ついでにメトロポリタン・オペラを観てきました。メトは初めてです。

当日会場に行ってみてもしチケットが売り切れだったら、隣のニューヨーク・フィル(シャイー指揮でストラヴィンスキーの火の鳥他)でも聴こうかなあと思っていたのですが、運よく一番安い席(Family Circle, 26ドル)が残っていました。

五階席の後ろの席だったのですが、まー舞台が遠いねー。外野席で野球観てるみたい。しかしでっかいホールだなー。どれくらい入るんだろう。え?約3700人?すげー。それで連日ほぼ満席になるんだからすごいよなー。

あとすべての席に字幕がついているんですね。これも驚きました。

グラモフォンででているDVDと同じセット・演出だと思います。そのセットの豪華さといったら・・・。第二幕第二場の幕が開いて、でっかい宮殿が舞台にあらわれた時、観客席から一斉に「おおお!!」と声があがりましたもん。

舞台の豪華さもさることながら、オーケストラの充実っぷりも今まで観たどのオペラよりもすばらしいものでした。なかなかピットのオケからここまで緊張感のあるをサウンドを聴くことはできません。

また聴きに行きたいなー。もうちょっといい席で聴きたいけど、高いもんなー。

それにしてもこのオペラを観るたびに、カラフのあまりの身勝手さに説教したくなります。
[PR]
by ring_taro | 2005-02-28 13:50 | クラシックの演奏会