アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

練習する時間あるんですか?

フィラデルフィア管弦楽団演奏会 (Feb. 19, 05)
キメル・センター、ボライゾン・ホール

ヒンデミット: 弦楽と金管による演奏会用音楽
チャイコフスキー: ヴァイオリン協奏曲
ベートーヴェン: 交響曲第一番

ヴォルフガング・サヴァリッシュ: 指揮
デビット・キム: ヴァイオリン

サヴァリッシュ指揮による定演第二弾。チャイコフスキーのコンチェルトを演奏するキムはフィラデルフィア管のコンサート・マスターです。

前回の演奏会でもちょっと感じたのですが、サヴァリッシュ指揮のフィラデルフィア管は、ところどころで音楽が「緩む」んですよねー。音楽的意図とは関係なしにテンポがふっと速くなったり遅くなったり、突然ノーテンキな音を出しちゃったりとか。なんか集中力の欠如からくる緩みって感じ。
まあ、細かいところまでガチガチに音楽を引き締めていくタイプの指揮者ではなさそうですしね。「おおらかな音楽」ということで。

ただ、この時期フィラデルフィア管は本当に演奏会が多かったのです。基本的に木・金・土・火が定期演奏会で、その合間に13日(日)はムーティー指揮によるファンド・レイジングのための演奏会(残念ながら僕は聴きにいけなかったのですが)、14日(月)はヴァレンタイン特別演奏会。いつこのプログラムの練習をしたんですか?という状態です。

ただそんななかでも、ベートーヴェンはとてもいい演奏でした。
こういうゆったりとしたテンポの中で、それぞれの楽器がとびきりきれいな音を重ねていくというベートーヴェンもいいものですね。

来年度のシリーズではエッシェンバッハがベートーヴェンの交響曲を全曲やるのですが、こんな落ち着いたゆったりと聴けるベートーヴェンにはならないでしょうね。もっとスリリングなものとなるでしょう(いろんな意味で。)まあ、楽しみであるのですが。

それにしても遅かったなー。一楽章提示部をきっちり繰りかえしているためもありますが、30分ほどかかりました。ええと、僕が持っているトスカニーニのCDは23分40秒か。まあ、トスカニーニと比べてもしゃーないか。
普通は何分くらいなんでしょうかね。
[PR]
by ring_taro | 2005-02-28 16:56 | クラシックの演奏会