アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ATとかMTとかそんな話はどうでもよかったですね

オスロ・フィルハーモニック管弦楽団演奏会 (Mar. 11, 05)
キメル・センター、ボライゾン・ホール

ドビュッシー: 牧神の午後への前奏曲
プレヴィン: ヴァイオリン協奏曲
リヒャルト・シュトラウス: アルプス交響曲

アンドレ・プレヴィン: 指揮
アンネ=ゾフィー・ムター: ヴァイオリン

成田からシカゴ経由で帰ってきてすぐの演奏会。
どう考えても無謀だと思うのですが(まあ、結果的に無謀だったわけですが)、なぜそんなにまでして聴きに行こうと思ったのかというと、ムターのヴァイオリンを一度ライブで聴いてみたかったからです。(この事に関しては、聴きに行ってよかったです。)

前プロのドビュッシーの冒頭フルートから、管楽器の音がアメリカのオケとまったく違うことに驚かされます。「ヨーロッパの音」なんてひとくくりにはできないことはわかっているのですが、なんていうか、この、「あいまいとしたところを残した音」というのでしょうか。イメージの話ですよ。

例えば聞いた話によると、北欧のホルンってすごく重いんだそうです。(重量というよりも吹いたときの抵抗が。)

僕はずっとアメリカ製のホルンを吹いているのですが、ヨーロッパ製のホルンを吹いているひとに試しに僕の楽器を吹いてみてもらうと、「まるでオートマ車を運転しているみたいだ」とか言われます。マニュアルとオートマくらいの違いがあるんですねー。
(ちなみに僕が吹いているホルンはホルトンのタックウェル・モデルという、アメリカ製のホルンの中でも相当に軽ーいホルンなのですが、それになれちゃうとドイツのホルンなんてふけません。)

マニュアルの車にこだわり続ける人がいるように、ドイツや北欧のホルンでないと表現できないものがあるのでしょう。音をコントロールする能力という点においてはアメリカのメジャー・オケは世界でも群を抜いていると思いますが、それでもアメリカのオケをワンランク下に置くクラシック・ファンの人がいるのは、まあ、そういうことなんだと思います。

僕はというと、アメリカのオケは大好きなんですけれど。
ちなみに僕は自動車免許もオートマ限定ですが。

中プロはプレヴィン自作のヴァイオリン協奏曲。プログラムによると2002年にムターのソロでボストン響により初演された曲だそうです。

このひとのヴァイオリンって、どうして聴くたびにいつも「この演奏がこの曲の一番正しいあり方だ」って思わされるのでしょう。この日の曲は相当にこんがらがったものでしたが、彼女のソロのパートになるとグチャグチャっとしていたところにパッと明るい道筋が示されたような感覚にとらわれます。まるで魔法みたい。

休憩後はアルプス交響曲。この曲は、ええと、すごく迫力がありました。
すいません、いかにも「この曲はわかりません」ってのがアリアリの感想で。

ところでこの演奏会、当日会場にふらっと行ってみたら、10ドルでチケット買えました。安ーい。
[PR]
by ring_taro | 2005-03-25 18:12 | クラシックの演奏会