アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フィラデルフィアのMaroon 5

b0044005_1285732.jpg4月1日、テンプル大学内のLiacouras CenterにMaroon 5のライブを聴きに行ってきました。
当然といえば当然ですが、日本のロック・コンサートとはいろいろと違うことがあって、なかなか面白かったです。

7:30開演とチケットにあったので、そのちょっと前に到着したのですが、時間になっても2割がたしか客席がうまっていません。どうしたことか、チケットは完売ではなかったのかと不思議に思っていたのですが・・・オープニング・アクトという概念をすっかり忘れていました。

どういうわけかアリーナ席の前から12列目というすごくいい席。こりゃあ楽しみだ。

客層はじつに多様。もちろん若い人が一番多いのですが、小さい子供づれあり、熟年カップルあり。知り合いのおばちゃんに偶然会ったのですが、娘二人を連れてきてました。

オープニング・アクトはDonnas。
鋭いギターが印象的な女性四人組のバンド。個人的にツボだったのは、ステージで行なわれている一切のものに関わろうとしないベースの人。ローリング・ストーンズにいたビル・ワイマンを思い出しました。

9:00近くになってようやくMaroon 5が登場。

とたんに頭がおかしくなりそうなほどの黄色い歓声。『ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!』(しかしおもろい邦題ですよね)みたい。アダム・レヴァインが裏声出したら「キャー」。ジャケット脱いだら「ギャー」。アイドル・グループですか。

一緒に行った人に「Maroon 5はニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックですか?」って言ったら、一言「古い」って返されました。

なんかアリーナ席は無法地帯でしたよ。最前列まで人が殺到して、みんなフラッシュたいて写真撮ってんの。アリなんか、あれ。警備員も「席にもどれ」って注意はしてるけど、カメラは取りあげてなかったし。
そういえば荷物チェックとか一切ありませんでしたね。こりゃあ、ブートレグとかいっぱいできるわけだ。

音楽はすばらしかったです。ヴォーカルのアダムがとにかく上手いしセクシー。相当に魅力的なヴォーカリストですよ。

"Harder to Breathe"から始まり、アンコールの最後は"She Will Be Loved"。あっという間でしたね。始まるまでが長かったですけど。

Maroon 5は2年前にもLiacouras Centerに来ていたそうです。そのときのライブはお寒い限りで、「いつの日かまた来て会場を埋めてやる」と誓ったそうな。2年前に聴きに来てくれた人がこの会場に7人いるそうな。(どうやって知ったのでしょうね。)

「そのときの7人、どうもありがとう。戻ってきたよ。」
「それ以外の2万人のみんな。ようこそ。そして、ファッ○・ユー」

アダムはそんなことを言って会場を沸かせていました。
[PR]
by ring_taro | 2005-04-04 12:15 | 音楽全般