アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ゲルギエフは両刃の剣?

先週の日曜にフィラデルフィアで、その後月・火・水とニューヨークでコンサートを行なったゲルギエフ/キーロフ・オーケストラ。
僕が聴いたニューヨーク二日目のプログラムはフィラデルフィア公演とまったく同じだったようです。このプログラムについての両都市の新聞の演奏会評を比べてみました。

まずは4月5日のピーター・ドブリン氏によるPhiladelphia Inquirerの記事、"Kirov Orchestra's appealing program has its surprises"。

Let's say it plainly: The Kirov is a magnificent orchestra.

この一文をみればわかるとおり、オーケストラをべた褒め。それに加えてプログラミングについても高い評価をしています。決して現在の人気曲たちと比べて劣っているわけではないが、次第にオーケストラのレパートリーから遠ざかっていった曲たち。キーロフ・オケはそれらの曲のすばらしさを私たちに再認識させてくれたと。そして「今回のプログラムは聴衆に迎合したものではない。しかし、とても魅力的なものだった。」

そしてそれに続けて、ドブリン氏はこう書きます。

This was in large part because of the playing, which had the musicians digging into their parts as if their lives depended on it.

この"as if their lives depends on it"ってのがいいですね。


一方、New York Timesのアラン・コズィン氏による記事、"Power, Refinements and a Kinetic Conductor"。
面白いと思ったのはこの一文。

Mr. Gergiev is a micromanager at heart, and that can be a double-edged sword.

コズィン氏はゲルギエフの特徴を「両刃の剣(a double-edged sword)」と表現しています。(ただ、これは日本語で言うところの「諸刃の剣」のようなネガティブな意味は無いと思います。)プロコフィエフの交響曲などでは「剥き出しの力強さ(raw power)」を見せつけたかと思ったら、シベリウスではよくまとまった流れるような音楽を展開させる。

こうしたゲルギエフの「両刃」が一つにまとまったのが、翌日のマーラーの「復活」だそうな。それはそれはすばらしい演奏だったようで、聴きに行けなかったことが悔やまれます。


僕はフィラデルフィアでの演奏会は聴いていないのですが、新聞評を読んだ限りではNYで僕が抱いた印象と同じようだった模様です。お客さんは盛り上がったのでしょうか?
New York Timesの「両刃の剣」っていう表現は・・・うーん、僕にはちょっとよくわかりません。そうなのかな?

面白いのは、Philadelphia Inquirerがオーケストラのことを褒めちぎりながら指揮者ゲルギエフのことには具体的にはほとんど触れられていないのに対し、New York Timesで語られているのはほとんどがゲルギエフだったこと。

このことに何か意味があるのか?と言われたら、まあ、無いのかもしれません。この日の演奏で、指揮者とオーケストラを分けて語ることは困難でしたから。ただ、僕が一番心を揺さぶられたのは、オーケストラの曲に対する真摯な取り組みでした。
[PR]
by ring_taro | 2005-04-12 22:42 | 音楽全般