アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ジミー・スコットとダイアン・リーヴスと素敵な観客

Jimmy Scot and the Jazz Expressions
Dianne Reeves (Apr. 22, 05)
キメル・センター、ボライゾン・ホール

会場につめかけた人々のジミー・スコットに対する「リスペクト」がすごかったです。なんだかその敬意が発する暖かさがホールを満たしている感じ。

で、ジミー・スコットはというと、それはもう「音程」とかそういう瑣末なことはもはや超越した境地。暖かーい声で歌います。幸せなひと時です。

後半はダイアン・リーヴス。
ここまで巧くて正確なジャズ・ボーカルってあるものなのか!押しても巧いし、引いても巧い。まさに自在な歌。一番印象に残った曲は、セロニアス・モンクの「リフレクションズ」です。モンクがつくった曲はそのキテレツさに目がいきがちですが、実はとっても美しいということを再認識いたしました。


ところで今回のコンサートの客層は、同じホールで行なわれるフィラデルフィア管弦楽団のそれとはまっっったく違うものした。そしてみんな思い思いのおしゃれをして来るのです。普通の格好で行った自分が恥ずかしいくらい。そのおしゃれの多様なこと。クラシックのコンサートでのやや画一的なものとは違い、カラフルなものあり、自らの民族的ルーツを意識したものありと、観客を見ているだけでも退屈しないくらいです。そしてコンサートが終わると、みんな幸せそうな顔をして家路につきます。

以前、リッカルド・ムーティがこの街についての「文化的に洗練された人は一握りしかいなくて、まるでゲットーだ」という発言(をしたと書かれた記事)を紹介しました。ムーティが本当にそんなことを言ったのかどうかは置いておくとして、それは物事のほんの一面しか捉えてないことがわかります。
フィラデルフィアの人はみんなとっても文化的に生きています。
[PR]
by ring_taro | 2005-04-24 23:04 | ジャズ