アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

シカゴから帰ってきました

b0044005_23335162.jpg
ながらく更新を怠ってしまいました。
多くの方に不義理をしてしまいました。申し訳ございません。

ここ一週間のあいだ、ワシントンDCだのシカゴだのに行っていたのです。

シカゴではシカゴ響を聴いてきました。
この演奏会に関しては、後ほど書きます。


ところで移動中の飛行機で、しばらく前に買ったままだった村上春樹の『海辺のカフカ』を読んでいました。そしてそこで書かれていたシューベルトのことを考えていました。

この小説のなかで、登場人物の一人がシューベルトのニ長調ソナタについて、ブレンデルとアシュケナージの演奏を個人的にあまり愛好しない、なぜならシューベルトというのは「ものごとのありかたに挑んで敗れるための音楽」だからだと言っています。

そういうものかなと飛行機の座席で思いました。
あまり同意する人は少ないかもしれませんが、僕はブレンデルのシューベルトが大好きなのです。そしてもっと同意する人は少ないかもしれませんが、僕はブレンデルのピアノの最大の魅力は、その研ぎ澄まされた美意識だと思うのです。青白い炎のようなシューベルト。

ただ、そのとき無性に聴きたくなったのは、ルドルフ・ぜルキンのものでした。
アパートに帰ってさっそくゼルキンのニ長調ソナタを聴いてみます。なんという強靭なタッチ。なんという強い意志。自分の進むべき道にすこしも迷いのないピアノ。

それは「逍遥」に例えられるシューベルトの音楽からすれば、かなり異質なものかもしれません。ゼルキンもそれはわかっていたのかも。しかし彼には「これ」しかないのです。

そこで僕は「ものごとのありかたに挑んで敗れるための音楽」の意味がちょっとわかったような気がしました。


(写真はシカゴ交響楽団の本拠地、セオドア・トーマス・オーケストラ・ホール。フツーのビルに見えます。)
[PR]
by ring_taro | 2005-05-11 00:49 | アメリカを歩く