アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

シェエラザードでバーチャル船酔い

フィラデルフィア管弦楽団演奏会 (Apr. 29, 05)
キメル・センター、ボライゾン・ホール

ディーリアス: 楽園への道(「村のロミオとジュリエット」より、ビーチャム編)
モウ: イングリッシュ・ホルン協奏曲
リムスキー=コルサコフ: シェエラザード

ロセン・ミラノフ: 指揮
エリザベス・メズーニャ: イングリッシュ・ホルン

ミラノフはフィラデルフィア管の副指揮者です。
この人はいつからこのポストにいたのでしょうか?服装とか指揮振りとかエッシェンバッハによく似てます。

一曲目はディーリアス。
この「村のロミオとジュリエット」というオペラ、この前DVDで初めて観たのですが、予想だにしなかった「楽園」の正体と物語の結末に度肝をぬかれたものでした。「楽園への道」と呼ばれるこの間奏曲は、大変美しい曲です。このオケのイングリッシュ・ホルン奏者メズーニャが大活躍。次の曲では協奏曲のソリストなのに。

イングランド出身の作曲家ニコラス・モウによるイングリッシュ・ホルン協奏曲は今回が世界初演。
演奏前の解説によると、テンポが速めから次第に遅くなっていくこの曲の構成はイングリッシュ・ホルンという楽器の特徴を考えてのものだそうです。なるほど、すぐに思い浮かぶ歴代のイングリッシュ・ホルンの名ソロはゆっくりなものばかりですね。と、ここで真っ先に思い浮かべたソロがショスタコーヴィチの交響曲第八番の一楽章だったあなたは相当のショスタコ中毒です。

で、演奏なのですが、確かに後半のテンポの遅くなってからが一番印象に残ります。

休憩後はシェエラザード。
今回買ったのは安い席だったので、前から二列目、チェロの真ん前に座っていました。そしたら「シェエラザード」の一楽章、チェロが延々ドンブラコッコドンブラコッコとやっているので、聴いていて船酔いになりそうでしたよ。

演奏は実にもって見事。ヴァイオリン、木管、金管のソロは何も言うことはありませんし、合奏部分のギラギラしたオーケストラ・サウンドもたまりません。四楽章クライマックスではまた船酔い状態。

ところでこの曲で最近よく聴いているのはムーティ/フィラデルフィア管のものです。ムーティの音楽の魅力はフレーズの一つ一つが確かな「意思」を持っていること、そしてそのフレーズたちが集まり一つの大きな曲という「意思」にまとまっていくところだと思います。「シェエラザード」のCDは彼のそんな魅力を知るのに格好のものです。
[PR]
by ring_taro | 2005-05-12 02:03 | クラシックの演奏会