アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:ひとりごと( 23 )

b0044005_042399.jpgこれからちょっとニューヨークに行ってきます。

ところで話は変わるのですが、先の日曜日にキメル・センターにゲルギエフ/キーロフ・オーケストラを聴きに行く予定だったのが、どうしても都合がつけなくなって行けませんでした。

これは個人的に相当の痛恨事。
一昨年くらいにこのコンビで来日したときに聴きに行った人が、相当に良かったと言っていたからです。曰く、「シェエラザードの一楽章で、まるで本当に船の上で大波に揺られているような錯覚にとらわれた」とか。

今回はプロコフィエフの交響曲第二番にボロディンのこれまた第二番と、なかなか聴けないプログラムだったので楽しみにしていたのですが。(ああ、ボロディンの三楽章のホルンソロ!)

ところで今からNY。

ついでになにかコンサートでも聴けないかなーとスケジュールを調べていたら、今夜カーネギー・ホールでゲルギエフ/キーロフ・オーケストラが!しかもフィラデルフィアとおなじプログラム。

これは行かねば、どうしても。

というわけで、一気にNY行きが楽しみになってきました。

来週も行かねばならないのですが、おお、ニューヨーク・フィルをムーティが指揮するではないですか。これも多少無理してでも聴かねば。


※当初「ああ、ボロディンの二楽章のホルンソロ!」と書いていた個所は「ああ、ボロディンの三楽章のホルンソロ!」の誤りでした。訂正してお詫びいたします。

しかし、そこ間違えるって、ありえませんよねー。といいますか、演奏会を実際に聴くまで間違いに気がつきませんでした。こんなどうしようもない私ですが、今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by ring_taro | 2005-04-06 00:45 | ひとりごと

カテゴリーの変更

b0044005_23352945.jpgカテゴリーをちょっと変更しました。
最近のエントリーのほとんどがフィラデルフィア管に関するものであることに対応するためです。

当初はフィラデルフィアの街のいろいろなことを書いていこうと思っていたのですが、余った時間とお金のほぼ全てを音楽鑑賞に費やしている今となっては、それは不可能。

ところで先日、知り合いの一人がマイケル・ブレッカーの従兄弟だったということがありました。
確か車の中でその人がランディ・ブレッカーのCDをかけてて、「マイケル・ブレッカー好きなんだよ」と言ったら「え?この兄弟、オレの従兄弟だぜ」みたいな感じでした。確かにブレッカー兄弟はフィラデルフィア出身でしたね。
兄弟の子どものころの話、力強く吹くためにあごの手術にふみ切った話などいろいろ面白い話を聞けました。

アメリカの街に住んでいると、有名なミュージシャンの親戚だとか知り合いだとかに出会うことって、結構多いです。

そんなこんなで日曜はゲルギエフ指揮、キーロフ・オーケストラを聴きに行ってきます。
曲はプロコフィエフの交響曲第二番他。

二番か。。。


(写真中央の赤っぽい建物はフィラデルフィア管の旧本拠地、アカデミー。その奥には現在の本拠地キメル・センターがあります。)
[PR]
by ring_taro | 2005-04-02 23:51 | ひとりごと

帰ってきました

b0044005_22384123.jpg日本から帰ってきました。
まあ、しばらく前には戻ってきていたのですが。

結婚式に出席したり、事務的な用事をすませたり、人と会ったりと、時差ぼけになるヒマもありませんでした。
今年のスギ花粉はすごいと脅されていたのですが、さいわい僕が東京にいるあいだは、花粉はそれほどひどくはなかったようで。大変快適でしたよ。

時間を見つけてはタワーレコードや中古CDショップで、CDを買いました。
(品揃えは間違いなくこっちより東京の方が充実しています。)

スピッツの新譜が出てたんですね。スーベニアー。
個人的にはここ数作の硬質な感じがなくなって、すごくいい感じです。
人によっては甘ったるすぎるって言うかもしれませんが。

とりあえずは最近行った演奏会のことなどを書いていこうと思います。
[PR]
by ring_taro | 2005-03-22 22:50 | ひとりごと
b0044005_18502395.jpg
用事ができて、ちょっとだけ日本に帰ることになりました。
といっても、時差ぼけがなおる間もなく戻ってきますが。

そんななかでも、事務的な用事をすませたり、大学時代の友人と飲んだり、知人がピットで吹いているアマチュア・オペラの公演を観にいったりで、かなりキツキツなのですが。

それでは行ってきます。
(現在朝の5時・・・。ここらへんがフィラデルフィアのちょっと不便なところ。)
[PR]
by ring_taro | 2005-03-03 18:56 | ひとりごと

ふー、ようやくひと段落

b0044005_0382330.jpg
あー、ようやく今年の演奏会については書き終えた。
ようやくブログとしての体裁が整いはじめたといったところでしょうか。

今後は去年のコンサートのことや、フィラデルフィアの街についてなど、いろいろなことを書いていこうと思います。
[PR]
by ring_taro | 2005-03-03 00:40 | ひとりごと

そろそろちゃんとします

b0044005_1218147.jpg
そろそろちゃんとします。
とりあえず今年になっていったコンサート等の感想なんかを書いていきます。

よーし、がんばるぞー。(空元気)
[PR]
by ring_taro | 2005-02-26 12:22 | ひとりごと
b0044005_9424454.jpgそうか、一ヵ月半も更新しなかったのか・・・。




いや、いろいろあったんですねー。
12月前半は本当に寝る時間もないほど忙しくて、あまりの疲れに鼻血が出たりして、それでも寝られなくて。
年末年始は日本に帰ったんですけど、それはもうBlogの更新する暇もないほど遊んじゃって。

というわけで、そろそろちゃんとしないとなー。
[PR]
by ring_taro | 2005-01-23 09:45 | ひとりごと

雪だー

雪だー。
b0044005_9235783.jpg

わーい。
b0044005_9274678.jpg

わー、川が凍ってるー。
b0044005_9254067.jpg






静岡生まれの東京育ちの僕にとって、この大雪は未体験ゾーン。
調子こいてはしゃいでるけど、よく考えたらうちのボロアパート大丈夫かな・・・。
[PR]
by ring_taro | 2005-01-23 09:31 | ひとりごと
いろいろと余裕がなくなって、更新を怠ることはや一ヶ月。
そんな自分が嫌いなので、少し余裕が出てくる12月中旬には絶対に再び書き始めようと決意しております。

ところでそんな忙しいなかで、いまからフィラデルフィア管弦楽団の演奏会に行ってきます。
今日はエッシェンバッハ指揮でシェーンベルクの『ワルシャワの生き残り』とブラームスの『ドイツ・レクイエム』。ああ、このプログラム、眺めているだけでいろいろなことに思いを馳せてしまう。

彼のHPで自身が語るように、エッシェンバッハもまた(立場こそシェーンベルクが描いた人々とは違え)第二次大戦の生き残りなのです。父親をナチスに殺され、ともに戦火を逃れてきた祖母と死に別れ、難民キャンプで腸チフスで孤独に死のうとしていた少年エッシェンバッハ。どのような思いで彼は『ワルシャワの生き残り』を指揮するのでしょうか。

そしてその後に『ドイツ・レクイエム』。

このオーケストラのプログラミングにはいつも感心させられてしまいますが、今回は特にそれだけでなんか胸がいっぱい。

というわけで行ってきます。
また感想をここで書けたらいいなと思っております。
[PR]
by ring_taro | 2004-12-05 07:15 | ひとりごと

テンぱる秋

先週インフルエンザにかかったり、今週やたらとやること多いため、今すごくテンぱってます。(まあ、まっとうな人間なららくらくこなすレベルなんでしょうけど。)

聴きにいったコンサートの感想くらいはちゃんと書こうと思ったのになあ。まあ、おいおい書こう。

とりあえず、少し感想を。

22日、フィラデルフィア管:
ローバートソンという指揮者、素直でフレッシュな音楽をするので、大変聴いてて気持ちがよかった。
22日、ソニー・ロリンズ:
想像以上のヨボヨボっぷりに驚がく。でも50年代から変わらないもの、変わったもの、いろいろと知れて楽しかった。
24日、サンクト・ペテルスブルグ管:
相変わらずこのオケの音色はワン・アンド・オンリー。実演聴くごとに美しすぎて思わず気が遠くなる。

あー、いつもにまして小学生の感想みたいだ。
[PR]
by ring_taro | 2004-10-27 00:48 | ひとりごと