アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ついに新シーズン開幕!

b0044005_2327140.jpg
9月21日のオープニング・ナイトから、いよいよフィラデルフィア管弦楽団の新シーズンがスタートしました!

この演奏会のチケットはあまりに高かったため、買うのは回避。そのかわり、キメル・センターの外でおこなわれていたパブリック・ビューイングに行ってきました。それほど人が集まっていたわけではありませんでしたが(30人強くらいかな)、和気あいあいと楽しい雰囲気でしたよ。

曲はオール・ベートーヴェン・プログラム。指揮はもちろんクリストフ・エッシェンバッハ。交響曲第一番に、アンドレ・ワッツをソリストに迎えた「皇帝」、最後にレオノーレの第三番という順番でした。
何しろ会場内で聴いたわけではありませんし、交響曲第一番は後日定期演奏会で聴く予定なので、演奏についての詳しい感想は避けておきますが、何点か特に印象に残ったことを箇条書き風に。

弦の配置はやはり1st Vn, Vc, Va, 2nd Vnという並び。今後もエッシェンバッハが指揮するコンサートは、この並びでいくのでしょう。

見たところ昨シーズン限りで引退した奏者たちの穴は埋まっていないようです。このままの体制でいくのでしょうか?(特にホルンとチェロは大丈夫なのでしょうか?)

ワッツのピアノはガッツンガッツンとものすごいですね。「皇帝」にピッタリです。特に三楽章冒頭の迫力といったら。。。

交響曲第一番では比較的おとなしかったエッシェンバッハ/フィラデルフィア管ですが、最後のレオノーレでは本性(?)をあらわし、それはもうアツく凄まじい演奏を繰り広げました。今後の交響曲チクルスに期待できます。


というわけで、夏の音楽祭のことをこのブログで一切書かないまま新シーズンが始まってしまいました。スキをみて必ず書きます。
[PR]
by ring_taro | 2005-09-25 23:52 | フィラデルフィア管弦楽団
以前ご紹介しましたが、フィラデルフィア管の団員を追いかけたドキュメンタリー映画、Music From the Inside Outが、この秋にいよいよ全米で公開されるようです。

9月9日からニューヨークで、その後各地で順次上映が開始されるようですね。

この映画、本当におすすめです。機会があったらぜひ観てください。
日本でも公開しないものでしょうか。
[PR]
by ring_taro | 2005-09-06 11:27 | フィラデルフィア管弦楽団

音楽祭に行ってきました

おひさしぶりです。b0044005_20513732.jpg
テレビでカトリーナ関連のニュースを見るたびに色々とつらい気持ちになる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、サラトガ・スプリングスとタングルウッドの音楽祭に行ってまいりました。
色々と面白い経験ができました。感想はまたおってご紹介していきたいと思います。

あと、今更ながらフィラデルフィア管弦楽団のシーズンチケットを買いました。「エッシェンバッハの場合は同一演目では後の日になればなるほどいい」という昨シーズンに得た教訓を生かし、木曜などは避けて主に土曜の演奏会を聴きに行きます。

最初の演奏会は9月24日。デュティユーの曲をベートーヴェンの交響曲第一番と第五番でサンドするというプログラム。
以前も申し上げましたが、今シーズンのフィラデルフィア管のコンセプトは"Rediscover Beethoven"。エッシェンバッハが9つの交響曲すべてを一シーズンで指揮するという意欲的なものです。正直な話、期待半分不安半分といったところです。ああ、ホルンがノラン・ミラーならば!

ところでシーズンチケットを買ってみたら、10月のサヴァリッシュ指揮の演奏会が指揮者未定なってました。どうかしたのでしょうか?ちょっと心配です。

そういうわけで、そろそろいい加減このブログもちゃんとします。
ええ、ホントちゃんとしますから。

(写真はタングルウッドのセイジ・オザワ・ホール。今回はここでは演奏会を聴けなかったけど。)
[PR]
by ring_taro | 2005-09-03 21:10 | ひとりごと