アメリカはフィラデルフィアに住む“りんたろう”のブログ


by ring_taro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005年 03月 01日 ( 3 )

フィラデルフィア管弦楽団室内楽演奏会 (Feb. 27, 05)
キメル・センター、ペレルマン・シアター

ボザ: 金管五重奏のためのソナチネ
アレンスキー: ピアノ四重奏曲第一番
ストラヴィンスキー: 管楽器のための八重奏曲
マルチヌー: キッチン・レビュー (La Revue de Cuisine)
(マルチヌーの曲はなんと日本語にしていいのかわかりません。とりあえずプログラムにのっていた英訳"The Kitchen Review"をそのままカタカナにしました。)

フィラデルフィア管弦楽団はオーケストラのコンサート以外にも、団員を中心にした室内楽演奏会を年六回日曜におこなっています。結構お得な値段(28ドル~15ドル)でフィラデルフィア管の名手たちの演奏が聴けるとあって、かなり人気があります。昨年11月にはエッシェンバッハとナージャ・サレルノ=ソネンバーグが加わり、ドヴォルザークのピアノ五重奏曲Op. 81を演奏をするなんて豪華なプログラムもあり、そのときはチケットを入手することができませんでした。

今回の演奏会では後半の二曲がとてもよかったです。(逆にいうとボザとかは完成度と言う点では相当アレでした。)特にストラヴィンスキーは少しのほころびも見当たらない完璧な演奏でした。

とりあえずストラヴィンスキーは演奏者を書いておきます。

デビット・クレイマー: フルート
リカルド・モラレス: クラリネット
ダニエル・マツカワ: バスーン
アンジェラ・アンダーソン: バスーン
デビット・ビルガー: トランペット
ジェフリー・カーナー: トランペット
マシュー・ヴォーン: トロンボーン
ブレア・ボリンジャー: トロンボーン

なかでもトランペットのデビット・ビルガーはすばらしい。去年、フィラデルフィア管がコープランドの「クワイエット・シティ」をやったときにソリストでした。輝かしさのなかに柔らか味のある音。いいですね。でもオケのなかに入ると時として存在感が薄くなるのですがどうしてでしょう。

あとはしつこいようですがクラリネットのモラレス。この人は本当にうまい。僕は完全にトリコです。

マルチヌーの「キッチン・レビュー」ははじめて聴きましたが、愉快な曲でした。バレエ音楽を四楽章からなる組曲に縮めた、ヴァイオリン、チェロ、クラリネット、バスーン、トランペット、ピアノによる音楽です。

プログラムによるとそのあらすじは・・・ポットはナベブタを愛し、ナベブタもポットが好き。でも意地悪な泡立て器はポットをナベブタから引き離す。皿用フキンが気落ちしたナベブタに言いよりさあ大変。モラルはいたるところで崩れ堕ちようとしているぞ(moral bankruptcy lurks around every corner)・・・ってなんだこりゃ?

マルチヌーがパリにやってきたころ、その街は「シュールレアリスム」で大盛りあがり。チェコの田舎からやってきたマルチヌーはそんななかで必死こいてシュールレアリスムなバレエに取りくむのであった・・・だそうです。
シュールレアリスムってこういうもののことをいうのですか?

一番ケッサクなのは三曲目の「チャールストン・ダンス」。二曲目の濃厚で重苦しめの「タンゴ」からアタッカで続くこの曲、モラレスやビルガーがとたんにスイングし始める。このギャップがおもしろい。

必死こいてお茶目な曲を書くマルチヌーと、必死こいてお茶目に吹くビルガー。どっちもかわいい。たまらん。

おもしろいなこの曲。今度CD買おう。
[PR]
by ring_taro | 2005-03-01 16:08 | クラシックの演奏会

最後の最後に一番の名演

フィラデルフィア管弦楽団演奏会 (Feb. 25, 05)
キメル・センター、ボライゾン・ホール

グリーグ: ピアノ協奏曲
シューベルト: 交響曲第九番「グレイト」

ヴォルフガング・サヴァリッシュ: 指揮
ユンディ・リ: ピアノ

2004-05シリーズ最後のサヴァリッシュ指揮の定演です。
今回のサヴァリッシュ指揮の三回の演奏会のなかでは、この日の「グレイト」が一番よかったです。

グリーグでピアノを弾いたユンディ・リって、最近日本でも人気がありますよね。
プログラムの写真をみたら、ジュビロ磐田の藤田選手そっくり。で、でてきたのを見たら、レジーナの中村選手とフェイエノールトの小野選手を足して割った感じでした。まあ、見た目はどうでもいいのですが。

一番印象に残ったのはそのタッチの強靭さ。結構後ろの席で聴いていたのですが、細かい音までよく聴こえました。今までこのホールで聴いたピアノの中でも、音の明晰さでは際だっていました。音楽にあいまいな部分が一切ないところが好感が持てます。

1982年生まれ。これからスタイルはどんどん変わっていくのでしょうが、今のところ音の力強さが最大の魅力のようです。そういうところが、グリーグにあっていたと思います。

ところで休憩時間のあいだ、隣に座っていたマダムがずーっと「すばらしいわー!なんといっても若い!若いわー!いいわー!」と話しかけてきました。
どこの国でも、なんというか、その、同じなんですね。

休憩後のシューベルトはとてもすばらしかったです。
前半のグリーグでも、前回書いたようなところどころでのオーケストラの「緩み」は気になっていたのですが、シューベルトではそういったことは一切ありませんでした。(どうも緩みの原因はオーケストラの集中力の欠如だったように思えてなりません。)

木管の名手たち、例えばオーボエのリチャード・ウッドハムズやクラリネットのリカルド・モラレス、がすばらしかったです。弦とうまいこと音を混ぜながら存在感もしっかり見せるあたりはまさに匠の域。二楽章なんて「はやく終わんないかなー」なんて思うこともしばしばな僕ですが、あっというまに終わったように感じましたもん。

それにしても、このオケはそれぞれの楽器の音を重ね合わせて一つの「色」にするのが本当にうまいです。キツめの色がニュッとでてきて自己主張をしだす、なんてことは決してありません。ここらへんがニューヨーク・フィルとの一番の違いですね。

あいかわらずサヴァリッシュのテンポ設定はゆったりめ。しかしそのようなおおらかな流れの奥底にかなりの緊張感が潜んでいたことが、この日がそれまでの二回の演奏会と異なる点でした。

来シーズンのサヴァリッシュはハイドン、メンデルスゾーン、ブラームスの交響曲など。お、ヒンデミットの変ホ長調交響曲なんてものもある。
楽しみになってきました。
[PR]
by ring_taro | 2005-03-01 13:47 | クラシックの演奏会
Directions in Music (Feb. 23, 05)
キメル・センター、ボライゾン・ホール

Herbie Hancock: Piano, Keyboard
Michael Brecker: Tenor Saxophone, EWI
Roy Hargrove: Trumpet

(プログラムにはBassとDrumsはそれぞれJohn PatitucciとBrian Bladeと書いてありましたが、都合によりメンバーの交代があったようです。公演前にアナウンスがあったのですが聞き逃してしまいました。DrumsはおそらくTerri Lynne Carringtonだったと思います。)

「ドルフィン・ダンス」のような往年の曲からそれぞれのオリジナルまで、実に充実かつスリリングなコンサートでした。

ロイ・ハーグローブは初めて聴いたのですが、柔らかさとパワフルさをあわせもったすばらしいトランペッターでした。特にそのハイトーンの輝かしさといったら。お客が一番盛り上がった部分でした。

マイケル・ブレッカーは最初のうちは「なんかいろいろ言いたいことはあるみたいだけど、なにも言わないうちに終わっちゃったなあ」みたいなソロが多かったのですが、後半調子にのってきました。やっぱこの人はすごいわ。
サックス意外にもEWI(イーウィ)と呼んでいたウインド・シンセも吹いていたのですが、これが面白い。途中でこの楽器をデモンストレートするコーナーがあったのですが、一人で音を次々重ねていっていって、最初エキゾチックな感じだった音楽が次第にファンキーなものに変わっていく様には感心しました。

ハービー・ハンコックは興に乗ってくると、アブストラクトなソロが次第にヘッド・ハンターズになっていくところがかわいらしかったです。

アンコールの最後は、出た!「カメレオン」。(ていうかそれまでのハービーのソロにも、ところどころカメレオンは顔をだしてたのですけど。)お客はみんな大喜び。最初のベースラインがでたとたんに大騒ぎです。ロイ・ハーグローブがワーワー、マイケル・ブレッカーはEWIで吹き始めて、後半アコースティックなサウンドに切り替えてキモチよさそうに吹きまくります。
名曲はいつまでたっても色あせないのですね。
[PR]
by ring_taro | 2005-03-01 02:34 | ジャズ